業務内容① 中小企業の販売(飲食・サービス)現場の販売効率向上

低コストのハード&ソフトの組み合わせで、社員・アルバイトが「やる気に係わりなく高密度に働く仕組み」を構築し、ヤマダ電機的「性悪説マネジメント・システム」の確立

  • ヤマダ電機の社員は一人平均年1億円を売ります。一流百貨店店員の2倍以上
    の販売効率です。これは、ヤマダ電機の社員が優秀で販売力が高いからではありません。
  • ヤマダ電機では、性悪説(従業員は自ら働こうとはしない)に立脚し、高額投資のハードとソフト(人流カウント・システム+OpenPSSレイバースケジューリング+社員配置確認カメラ)を組み合わせた「やる気に係わりなく働く仕組み」を構築し、それほどやる気のない普通の社員に最大の販売効率を発揮させるマネジメント・システムが確立されているからです。
  • 当オフィスでは、中小企業経営者が容易に投資できる低コストのハード&ソフトの組み合わせで、それぞれの企業に最適な「やる気に係わりなく高密度に働く仕組み」構築し、高効率なヤマダ電機的「性悪説マネジメント・システム」の確立をお手伝いいたします。

 

■中小企業だからこその「やる気を育てる人事評価制度」の利活用

  • 従業員(社員・アルバイト)が比較的多い中小企業は当然ですが、従業員(社員・アルバイオ)が5~10人と少ない中小企業であればなおさら、人事評価制度の利活用 が重要です。
  • 多くの中小企業従業員は、会社の運営は経営者のその時その時の思いつきでなされ、自分たちへの評価も経営者の主観でなされていると考えています。このような土壌では、将来を見据えたやる気は育ちません。

 

中小企業の現場に対応した、デジタル的に捉えた基本となる販売技術の指導

  • 小田急百貨店やヤマダ電機の経験で知ったことは、接客販売の基本はデジタル的(マクドナルドのマニュアルように動作=工程を細かく分け、マニュアル化する)で捉えなければならない、ということです。扱う商品の種類が多く、それに対するお客様の趣向・知識・理解等が多様であれば、この説明部分はお客様の反応を見てアナログ的(個別的)に行いますが、接客販売の基本はデジタル的でマニュアル的に統一化(ある意味では均一化)されていなければなりません。
  • 中小小売業・サービス業の現状は、上記のデジタル発想がないので、一人ひとりの従業員(社員・アルバイト)の資質に依存するアナログ的なものになっていて、上司(先輩)→部下(後輩)への指導・教育も教える人の資質次第になっており、統一化(均一化)されておりません。

 

 

≪まずはご気楽にご相談ください≫

  •  メインエリア:首都圏近郊=東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県ならば、

   ご連絡があり次第、貴社を訪問し、直接ご相談に応じます。

  • メインエリア以外でも、種々の方法で密接なご相談に応じます。

 

YMST診断士オフィス               (山下中小企業診断士オフィス) 

代表:山下 修

  • 中小企業診断士

      (一般社団法人)東京都中小企業

    診断士協会三多摩支部所属

  • 宅地建物取引主任者
  • 消費生活アドバイザー

 

所在地:     

  東京都東大和市湖畔 1-911-111

TEL:042-563-0404

携帯電話:090-9343-0404

FAX:042-563-0404

e-mail:

osm.yamasita@gmail.com

 

休業日:年中無休

 

メインエリア:首都圏近郊=東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県ですが、ご要望があれば、どこにでも参上致します。